トップページ 会のプロフィール ご入会案内   年度活動計画  活動記録 関連リンク 


山びこクラブのプロフィール

 沿革   山びこクラブは、1953年(昭和28年)にアメリカ陸軍総合補給廠(相模原市)に勤務する、山とスキーを愛する仲間が集まって結成されました。1965年(昭和40年)頃からは会員対象を現在のように市民全般に広げました。
 年を経るに連れ会員の志向が次第に山とスキーとに分離してきたため、1989年(平成元年)に登山に特化した
(新)山びこクラブを再編成しました。
 以来、自らの数々の山行実績に加え、相模原市山岳協会の最古参また中核の会として、神奈川国体登山競技の運営、市民登山・ハイキングの運営企画、登山道保全など対外活動にも活発な歴史を刻んできました。
 2013年(平成25年)で会創立60周年を迎えました。2015年度には初めての女性会長が誕生しました。
若手会員も増え、今後一層の発展が期待されます。
 所属上部団体    相模原市山岳協会 ― 神奈川県山岳連盟 ― 日本山岳協会
 会員数   31名  男子15名、女子16名 (2017年4月1日現在)
 役員 名誉会長 中川 武佑 (相模原市山岳協会顧問)
 会 長  市川 栄子(相模原市山岳協会副会長、神奈川県山岳連盟理事)
 副会長  河内 英昭、大塚久江
事務局長 梶村 英男 (相模原市山岳協会理事)
 会 計  小星 綾子